お知らせ・ブログLatest News

最高にカッコいいバイオリンのお仕事!

フィドラーという職業のことを聞いたことがありますか?

演奏しながら軽やかに歩くバイオリニストのことです。

バイオリンを弾くだけでも難しいのに、その上歩く?
軽やかに?と思われるように、高度な仕事ですが、それだけに強烈なインパクトがあり、感動を呼ぶカッコいい仕事です。

どんな時に登場するかって?
例えば新郎新婦の披露宴入場時にお二人を先導するとかパーティーではテーブルの間を縫ってお客様に楽しい雰囲気を振りまくとか、その姿は最高に華やかで美しいのです。

フィドラーという名前は、株式会社アッシュが2000年に付けました。
由来はヨーロッパでバイオリンのことをフィドルと呼ぶことや、ミュージカル「屋根の上のバイオリン弾き(Fiddler on the roof)」で、婚礼の日、花嫁の行列を見送りながら屋根の上で演奏するバイオリン弾きからとりました。
株式会社アッシュでは「フィドラー」を商標登録出願もしています。

エンタメの世界では、昔と違って、ひとつだけの芸では売れなくなっています。
芸能を生業とする人は、歌って踊れる、のはもう当たり前で、マジックのできるシンガーや、ダンスのできる落語家など、2つ以上の芸が主流ですね。
だからフィドラーも弾いて舞える(舞うように歩ける)
スーパーバイオリニストなのです。

最高にカッコいいバイオリンのお仕事!

じっと座って演奏することを極めるのも一つの行き方だとすれば、このようにマルチなパフォーマンスでお客様を楽しませるのも、新しい行き方。
アッシュではバイオリン経験者の方へのフィドラー研修も行った上で、お仕事に行っていただきます。

これを読んで面白いなと感じたバイオリニストの方、ぜひご応募ください。
クセになるくらい楽しいこと間違いなしです。

アッシュの
最新情報をフォロー

Follow Us